2021.08.19 【番記者NEWS】お楽しみプログラム


8月7日(土)松江市体操連盟の体操教室の小中学生の皆様のために、お楽しみプログラムを行いました。

コロナウィルス禍の夏休みということで、なかなか小中学生の皆様は思うように遊べない日々が続いております。そこで、各種感染対策に取り組んできた当法人が公益的な取り組みとして、体操連盟様とコラボレーションすることで、「コロナウィルス禍でも思いきり楽しめる場」の創出を目指しました。

体操連盟様によるアクティブチャイルドプログラムを実施した後は

テレプレゼンスロボット みずうみ・つながりーナ・Temi

がメインとなった、操縦リレーと〇×クイズを行いました。

昼食は公益事業部カフェ太郎提供のオリジナルトッピングカレー!

昼食後は電動カートRe×hopeで、街中にある文字を探して並び替えて、キーワード作りをしました!

小中学生の皆様から、みずうみ内にある資源の活用方法の良いヒントを得ることが出来たと思います。

体操連盟の皆様、この度はありがとうございました!!