2019.10.16 S-walker 開発協力について


この「S-walker」と名付けられた歩行器、実はある秘密が隠されています。

なんと、「利用者の歩き方を学習し、自動でブレーキングを行い転倒リスクを軽減する」

機能が搭載されています。

この歩行器は、島根大学 総合理工学部 准教授 廣冨 哲也 様の研究室で製作された物です。

この度、縁がありまして社会福祉法人みずうみでは、

開発におけるモニターをさせて頂けることになりました!

10月16日午前中、弊社施設うぐいす苑にて、

歩行データ計測やご利用者様へのヒアリング調査が実施されました!

 

実際に施設で「S-walker」のモニターを行うのは今回が初のようです!

 

今後もみずうみ内各所でモニターを実施される予定ですので、

モニターの様子を随時お届けいたします!