2020.11.24 すまいる苑:秋深き 畑で何を しようかな【みずうみ番記者】


【すまいる苑】

すまいる苑の苑務さんによってすまいる苑の畑の掃除が行われました。畑ではピーマン、ナス、プチトマト、スイカを育てていました。

ナスは残念ながらあまり収穫できませんでしたが、他の野菜は全て豊作でした。

利用者や職員にたくさんの楽しみを届けてくれた畑も秋になり、一旦お休みです。来年は何を育てるか考え中です!

(加藤記者)


番記者記事のタイトルは、記者本人が考える場合と、番記者長が考える場合とがありますが、今回のタイトルの川柳は加藤記者が考えたものです!七文字と五文字の言葉は文章にリズムを与えると言われており、何となく聞きやすいスピーチは語呂も良いということが多いそうです。五・七パワーを鍛えるために、あなたも一句いかがですか?

(夏過ぎて 秋を飛ばして 冬が来る 番記者長)