2021.02.10 すまいる苑:一筆入魂【みずうみ番記者】


【すまいる苑】

ひだまりユニットで書道行事がありました。


利用者の方々は思い思いの言葉を力強くしたためていらっしゃいました。


言葉や文字には人を突き動かすことができる力があります。皆さまが楽しそうに書いている文字や姿を見て、私はとても元気を頂けました。

(加藤記者)


番記者ニュースをご愛読頂き誠にありがとうございます。諸事情により、今週は水・木の更新となります。火曜日更新をお待ちだった皆様、お待たせして申し訳ございませんでした。(来週からは火・木の更新に戻ります。)

現在では鉛筆やボールペンの普及により、筆記に使用することが少なくなった筆ですが、「握力が弱くても、疲れることなく筆記が出来る」というメリットがあります。長文をしたためる時など、たまには筆で描いてみるのもいいかもしれませんね。

(筆ペン愛好家 番記者長)