2020.10.28 Temiによる保育園とうぐいす苑のつながり交流


保育園の園児さんと特別養護老人ホームのご利用者様との直接対面する施設間交流を毎年実施しておりますが、新型コロナウイルスの影響で、この施設間交流ができなくなっておりました。そこで、10月20日、みずうみtemiつながりーナ(注1)のビデオ交流を通じて、第一保育園と特別養護老人ホームうぐいす苑がつながり、交流することになりました。

みずうみtemiつながりーナは、園児に大人気で、園児たちのあたたかな笑顔がうぐいす苑のご利用者様に届けられました。 みずうみtemiつながりーナを使った交流では、自走し、首をかたむけるなどすることで、まるでビデオ交流の相手がその場にいるかのようにコミュニケーションができます。 新型コロナウイルス渦中であっても、こういった直接対面しないコミュニケーションを大事にしていきたいと感じました。

(注1)みずうみtemiつながりーナは、米Temi社が開発したパーソナルロボット「temi」を本体としており、今年度みずうみに導入されました。 自走する、音楽をかける、ビデオ交流、Alexa連動など、コミュニケーションできるロボットで、みずうみにおいてもさまざまな交流に役立つことが期待されています。